あいかわらずな日々

趣味や日常の事をダラダラと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コドモのコドモ

映画が公開されるということで話題になっていますね。
この原作、読みました。
以前も話題になったことがあり、その時気になったので原作を購入しました。


賛否両論あるようですが、
イメージだけで批判しているのであれば、
まずは原作を読んでほしいかな。

原作にはまったくエッチな描写はないし、
作者がロリ趣味で描いているわけでもまったくありません。


日本って「性」に関して敏感なくせに
子供には何も教えようとしないですよね。

小学校の高学年で1,2度、中学生になって1,2度授業で取り上げるだけ。
しかも、教科書に書いてあるかのような事ばかり。。。
果たしてそれだけで充分なのでしょうか?

性の知識が不十分だから
性の低年齢化が進んでいるのではないのでしょうか?

教育現場ばかりじゃなくて、
家庭でも充分な教育が必要なのではないのでしょうか?

とはいえ、私は家でそんな話をした事は一度もありません。
まぁ、古風な田舎の家なのでそんな話はタブー的な雰囲気があります。

でもね、今の時代、親がちゃんと教えるべきだと思うんですよね。
「性」について。

原作の中で、担任の先生がちょっと過激な性の授業をする事があります。
これを知った親たちは担任を大きく批判します。
まぁたしかに、過激すぎる内容ではありますが、
それを受けて、まずは、自分の子供に
正しく詳しく「性」について教えることが
親の務めじゃないんでしょうか?
批判することばかりで、子供に教えることを忘れています。

日本って批判することばかりで、
大事な何かを伝えることを忘れていますよね。
政治にしたって、批判批判で大臣を辞任させたりして、
大事な事は置き去りに。
辞任させたからって何にも解決にはなってないんじゃないかとしばしば思います。


ちょっと話がずれたけど・・・
日本って、「性」ばかりじゃなく、
「生」に関しても軽く考えているんじゃないかと思ってしまいます。

毎日のように報道される殺人事件。
他人を殺して快楽を得る異常者も中にはいますが、
よく聞くのは身内の殺人。
我が子への殺人、兄弟、親への殺人・・・。
あげればキリがないですよね。
「生」というものを簡単に考えているんじゃないでしょうか?

命というのがどれだけ尊いものなのか、
生きるということがどれだけ素晴らしいことなのか
学校だけじゃなく、家庭で教えていくべきなのではないのでしょうか?


将来、自分たちが親になった時、
子供にちゃんと教えることができたらいいな。
そんな家庭を築けたらいいなと思います。

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エミ

Author:エミ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。