あいかわらずな日々

趣味や日常の事をダラダラと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶり大根

昨日、じいちゃんの知り合いからブリの切り身をもらいました。
(一匹の4分の1くらいの大きさ)
じいちゃんが先日の旅行のお世話をしたので、そのお礼だとか。
ちなみに、その前日には別の人が鯛とか秋刀魚とか持ってきてくれました。
すごいね!田舎(笑)

そんなわけで、早速ブリは刺身にすることに。
でも、結構な量だったので大きい部分は切り分けてブリの照り焼きを作りました。
そしたらそれが好評でした(*^o^*)
てか、じいちゃんは初めて食べたとか言ってました。
え?食べたことないの??
どうやらうちの実家では作る事はないみたいですね。

それでもブリは残ってたので、
残りはぶり大根をしようと思いとっておくことに。
そしたら今日お母さんがぶり大根作るような事をいい始めたんですが…
ブリの骨(アラ)はどこにあるか聞いてきたんです。
でも、骨はないので切り身を見せたら
そんなんじゃ作れん!
作りがたない!
みたいな事を言われました(-.-;)
確かにね、アラも旨いよ?
でも、身があるんだからそれ煮ても美味しいじゃん!
量も少なすぎとか言ってたけど、人数分はあるのに!
なのに作りがいないとか…

基本的にうちのお母さんの料理は豪快で一度にかなりの量を作って数日残ります。
だから料理がある時はかなりたくさんあるんですが
ないときはホント何もない感じです(-.-;)
(仕事の状況や気分で作るから)
このブリもお母さんがやったらほぼ全部刺身になってたと思います。
私はせっかくなのでイロイロ作りたいと思うんですけどね…
根本的に考え方が違うんですよね(-.-;)
だからお母さんが台所に立つときは何もやりません。
実の親子でこれだから、この家に嫁に来る人は大変だと思います。
まぁお母さんは同居する気はないでしょうけど。

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エミ

Author:エミ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。